スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    目次

    大学編入関係

     ◆編入全般
      高専からの大学編入
      過去問の集め方
      編入生に対する大学の見解
      大学祭に行ってみよう!
      東大願書
      四当五落
      編入試験における面接試験
      京都大学に行ってみよう!

     ◆編入数学
      出題範囲
      まずやるべきこと
      応用数学
      線形代数学
      低学年向け
      徹底研究
      確率・統計 
      富山商船高専の取り組み

     ◆編入英語
      英語の基礎
      英文法
      リーディング
      リーディング2
      英作文
      英作文2 
      工業英語 
      コメントの回答1

     ◆編入後の生活
      単位変換 
      サークル・部活選び
      奨学金
      研究生活
      卒業を迎え、考えたこと
      研究において大切なこと
      技術士一次試験受験のススメ
      国家一種の勉強のススメ
      カーシェアリングのススメ


    大学院関係

     ◆大学院全般
      大学院選び
      研究室訪問
      入試対策
      グローバル30(概要)
      グローバル30(各大学の取り組み)
      ものづくりの中核人材育成:東京大学の取り組み

     ◆大学院生活
      大学院入学式
      学際的視点の大切さ
      大学院での研究生活 
      今の興味・関心
      年明け以降の研究生活
      修士論文を提出して思うこと


    就職活動関係

     ◆就職活動全般
      就活イベント
      筆記試験
      筆記試験対策1
      テストセンター対策
      替え玉受験はやめておけ
      編入生の就職活動
      文系就職を考える 
      就活番組を見た感想
      進学か就職で迷ったら
      選考に臨む時の心理
      インターン1
      インターン2
      自己分析
      OB訪問 
      リクルーター
      ESの書き方1
      名刺のススメ
      成績証明書の持つ意味
      内定を取った後
      就活セミナーで気がついたこと
      有名大学の就職活動1
      帰省で考えさせられた就職観
      付加価値創造
      就活早期化見直しに対する動き
      採用のボーダーレス化
      グローバル人材とは
      考える習慣の大切さ
      2013年卒から就活開始は12月になる?-経団連の方針に思うこと-
      ホントに就職氷河期なのか?
      新卒採用における英語力の1つの目安
      ESラッシュに思うこと-ESの書き方、考え方-
      就職活動の今-震災後に考えたこと-
      採用延期の現状とやるべきこと
      就活生にスマートフォンは必須アイテム?
      就職活動を通じたつながり
      グループディスカッションでの立ち位置-やるべきこと、やってはいけないこと-(前半)
      就職活動にかかる費用
      4月を迎え、思うこと
      新しいスタート
      今、振り返る就職活動
      就職活動を終えて人材価値を考える-これからやるべきこと-
      内定式で感じたこと
      就職活動のいま
      OB訪問のススメ

     ◆本選考
     【外資系企業】
       コンサルタント業界
        コンサルティング業界研究(業界研究のための書籍紹介)
        McKinsey&Company(ES・筆記)
        AT Kearney選考(ES・筆記)
       金融業界
       メーカー業界
     【日系企業】
       コンサルタント業界
       金融業界
       損保業界
       広告業界

     ◆インターンのES 
      コンサルタント業界
       Boston Consulting Group
       Bain&Company
       Booz & Company
       ドリームインキュベーター
      シンクタンク業界
       三菱総合研究所
       野村総合研究所
      金融業界
       BNP Paribas
      インフラ業界
       東京メトロ
      広告業界
       電通
       ADK
      不動産業界
       野村不動産
       東急不動産


    趣味

     ◆野球
      甲子園:春の選抜
      天才打者:Bryce Harper
      噂の剛腕:Strasburg
      興南の春夏連覇にみる準備の大切さ
      斎藤祐樹の初登板から感じた投手の役割
      リスクを取るということ-夏の甲子園を観戦して-
      首都大学野球観戦


     ◆日記
      ケータイ料金
      美容院での意外な出会い
      ワールドカップ-ナショナリズムの系譜-1
      高速無料化社会実験
      都心で人気?朝ラーメン
      プロセスの重要性-2010W杯デンマーク戦の感想-
      コマツの被災地高専向け奨学金設立に思うこと
      日本破綻論の記事に思うこと
      7つの大罪と事業創造


     ◆読書のススメ
      経営戦略の教科書
      新・ムラ論TOKYO 



     ※相談の受け付けについて






     
      
    スポンサーサイト

    テーマ : 高専(高等専門学校)
    ジャンル : 学校・教育

    社会人として就職活動を振り返る

    久しぶりの更新になります。

    入社して半年以上が過ぎ、社会人生活にも慣れてきて、
    余裕も生まれてきました。

    大学の後輩から就職活動の相談を受け、
    ふと思えば巷にも就活生らしきスーツ姿の若者を見かけるようになってきました。
    もう就職活動の時期なんだな、って思った次第です。

    いま、自分の就職活動を振り返ってみると、
    本当に多くの業界を見ることができて良かったと思っていますが、
    機会を逃して見ることのできなかった業界、会社もあって、後悔する部分も少なからずあります。
    具体的には、電機メーカー、印刷、倉庫、造船、出版、ベンチャーを余裕あれば周ってみたかった。

    そして、やっぱり仕事をしていると、
    自分が本当にやりたい仕事や夢はなんなのか、ということは凄く大切だと思う。
    それがモチベーションになるし、目標があるから自発的に動いていけるという部分はある。
    特に、そういう自分が抱いている部分を上司が理解しようとしてくれる機会はふとしたときに訪れる。
    そういうときに、しっかりと語れることがチャンスにつながると思う。

    だから、いま本当に自分がやりたいこと、そして自分にはそれができると思えることを
    就職活動に際に企業に伝えてもらえればと思います。
    口先だけで志望動機やPRはなんとでもなるし、
    それで内定をもらうことだってできる。
    自分も学部の時はそういう部分があったけれど、
    有名企業の内定をいっぱいもらうことが大切なんかじゃない。
    もし、あのとき、あの企業に就職していたら、モチベーションを保てていたかわからない。
    何をしたい、なぜしたい、いつまでにしたい、誰としたい、
    というのをロジックを固めるだけじゃなくて、感情を持って強い意志を抱いてほしい。


    具体例を出して説明したいけれど、そういうわけにもいかず申し訳ないけれど、
    少しでも伝われば幸いです。





    テーマ : 就活 就職活動 新卒 就活ポータル
    ジャンル : 就職・お仕事

    社会人の雑感

    久しぶりの更新です。

    社会人になってもう3カ月が過ぎました。
    「まだ」3カ月か、とも感じますが、
    自分が出来るようになったことといえばあまりないので「もう」3か月、
    という気持ちです。


    社会人になって思うことは、社会人の基礎として、
    「報告・連絡の仕方」と、「相槌の打ち方」、「出勤時間」とかいろいろあります。
    文字で見ると当たり前に思うけれど、これが結構厄介。


    「報告・連絡の仕方」。
    これは、上司によります。
    管理したい型上司の場合は、逐一の報告を求めますし、
    報告はメールではなく、電話。
    ほんの確認メールが来ただけでも、電話で返す。
    そんな上司もいたりします。
    新入社員の育成についても、本当に様々な意見があるので、
    上司によって対応が違うようです。当たり前ですが。

    ただ、上司とうまく付き合っていって、成長していくことが必要。
    好きな人とばかりつるんでられないところが社会人なのかな。



    「相槌の打ち方」。
    これは、結構大切、かつ難しい。
    社会人になると、飲み会が多いと思う。
    会社によるし、部署にもよるんだろうけれど。
    飲み会の席で、新入社員のお仕事と言えば、お酒をつくるとかよりも
    相槌を打つの方が必要かもしれない。
    「そうなんですか-」、「へ-」だけでは話は盛り上がらないので、
    軽く質問してみたり、冗談に切り返してみたり、が重要な気がする。
    とりわけ、【質問】って仕事でホント重要だと思う。

    会議する時も、何を質問しておかないと後々仕事が進まないか、
    ポロっとこぼした言葉の背景は何なのか、自分からうまく質問して理解していかないと進まない。
    自分が理解してることとズレがないのか確認する、ということも大切だと思う。
    自分の理解が間違っていると確かに恥ずかしいんだけど、
    (いま)恥ずかしいから聞かないのか、(将来)恥ずかしくなりたくないから今聞くのか
    で大きく結果が違うと思う。
    【あとでいいや】が一番ヤバい。



    「出勤時間」。
    これもなかなか難しい。
    というのも、部署によって違うから。
    基本は、上司たちのスケジュールをおさえておいて、
    上司や部署メンバーの来る「ほんのちょっと前」に来ておくこと。
    これが一番効率的。

    でも、効率的なんだけれど、同じフロアの他の部署とも少し兼ね合いがあって
    バランスが難しいような気がしている。
    だいたい朝早く来る人って、仕事がはかどるから来てるんだよね。
    そういうヤル気というか、仕事に追われている人にとって、
    朝、嫌なのが、電話対応。

    始業後に比べたら、そりゃ全然電話かかってこないんだけど、
    そういうのを対応してあげるのも気遣いだったりします。
    来ていない部署に電話かかってくることもあるしね。

    そんなこんなで出勤時間を早くしています。
    早く出勤すると、それはそれで仕事がはかどるので良いし、
    給料にも反映されるしね。


    とりあえず、今回は以上です!






    テーマ : 日記
    ジャンル : ビジネス

    入社してから1週間

    こんばんは。

    入社して、一週間が経ちました。
    いまのところ、入社前のイメージとそれほど違いはない生活です。

    研修期間中は、思ったよりも、お金を使わない毎日。

    でも、お金がたまっていくかというと、そんなこともなさそう。
    飲み会等が多いようで、それに消えていくそうです。
    この辺は入社前からわかっていたので、別にそんなもんかな、という感じです。
    普通に生活していれば、1年間である程度は貯金できるみたいなので、
    とりあえず最初の方は新入社員らしく、身の程をわきまえた身なりや生活でいきたいと思ってます。


    それから、想像していた通り、
    企業ってあまり自主性とか個性とか求めていないように思います。
    建前上は求めているんだろうけど、実際は求めてないと思います。
    それよりも、まず最初のほうは言われたことをこなしてよ、という感じ。

    基本をしっかり学ぶ一年となりそうです。






    テーマ : 就活 就職活動 新卒 就活ポータル
    ジャンル : 就職・お仕事

    大学院を修了して思うこと

    大学院の修了式も終わり、
    研究室の片付けも終わった。
    もう入社式を迎えるのみ。


    この春休みは、ヨーロッパを周遊してきました。
    イギリス、スコットランド、ベネルクス3国、フランス。
    それぞれに文化があり、まちづくりも異なる。
    この辺については、また改めてまとめていきたい。



    大学院を修了して、思うのは、いろいろなものがある。


    振り返ると、大学院に入学した時の自分はどうであっただろうか。
    この頃は、研究と学問に貪欲な時期であったと思う。
    2年間という時間を、社会に出る友人達に負けないぐらい有意義に過ごそうと思っていた。

    実際、修士論文と関連する研究だけでなく、
    他大学との共同研究や、大学の本学との連携プロジェクト等にも関わることができ、
    また外国人の先生とも日々ミーティングを重ねた。
    その中で、自分の良い面と、悪い面を見た気がしたし、
    人の良い面から学ぶことも多くあった。


    物おじせずに意見を自分から言える点は良かったと思うし、
    クオリティを高めるために時間を費やすことを厭わないことも良かったと思う。
    ただ、物事を抱え込みすぎるきらいはあるし、
    ミーティングの際にもう少し聞いておけば良かった、と思う場面もしばしばあった。

    そういうことを繰り返す中で、
    自分が仕事を進める上で、必要な情報を念頭に置くことと、
    自分の能力を過少にも過大にも評価することがなくなってきたと思う。


    また、査読論文や学会発表等も積極的にこなすことができたし、
    その点では描いていた程度の業績を挙げることができたとは思う。
    もう1本ぐらいは査読論文を通しておきたいかな、という感覚はある。
    これは、これから仕上げていくので、もう少しだけ頑張ろうと思う。



    以上のような研究面での大学院生活は、満足している。
    加えて、旅行や観光にもそれなりの時間を費やしてきた。
    個人的には、海外よりも、まず日本国内をいろいろ見ていきたかったので、
    今まで行ったことのないエリアを中心に、かなり回ることができたのは良かったと思っている。
    入社してからも旅行していこうと思う。



    ただ、不満足な点を挙げるとしたならば、
    文武両道の【武】の面である。
    学部時代は体育会系で部活動をしていたが、
    大学院入学後は、部活動を辞めてしまったため、少し消化不良である。
    草野球程度でも良いから、しておけばよかったかな、と今思う。
    社会人では、もっと筋肉をつけていきたい。


    多くの個性あふれる仲間と、
    濃密な時間を過ごした大学院の生活は、今思えば凄く良い時間であった。
    大学院での生活中に、「あのとき就職しておけば・・・」と思ったことはなかったが、
    就職していた時の自分を想像してはいた。
    多分、それなりに頑張っていただろうな、と思う。

    でも、非常に教養が乏しかった気がする。
    それでも社会ではやっていけるんだろうけれど、
    善き生を全うできるとは思えない。
    哲学や心理学、政治学、文学等の教養は、これからも自分なりに学んでいきたい。



    支えてくれた家族や友人等の大切な人たちには本当に感謝したい。
    ありがとうございました。







    テーマ : ★大学生活★
    ジャンル : 学校・教育

    プロフィール

    ken

    Author:ken
    はじめまして。

    高専から大学編入をしました。

    編入後、
    就職活動においていろんな企業の選考を受け、
    数社から内定が出たのでその情報も書いていきたいと思います。

    特に高専から編入後の生活はあまり高専生は知らない情報だと思うので
    記事にしていきたいと思います。

    現在は大学院に在籍しているので、
    そのことも書いていけたらと思います。

    よろしくお願いします。

    カテゴリ
    最新記事
    月別アーカイブ
    リンク
    カレンダー
    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    FC2アフィリエイト
    ブログ 国内格安航空券サイトe航空券.com
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    検索フォーム
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    RSSリンクの表示
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。