スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    7つの大罪と事業創造

    こんばんは。

    今日は、先日日経新聞で読んだ記事をふと思い出したので簡単に記事にしてみたい。


    まずは、引用から。
     

    リンクトイン(LinkedIn)の創業者リード・ホフマンは、リンクトインが成功を収めることができたのは、人間の持つ「7つの大罪」の1つをくすぐるサービスを提供できたためだと言っている。その罪とは、“強欲”だ。ほかにもフェイスブックは自己顕示欲、すなわち“エゴ”を、そしてオンラインゲームのジンガは楽しみたい欲求、つまり“怠惰”という欲求、いいかえれば「大罪」を満たすがゆえに成功した。
    フェイスブックの場合は、日本でも同じことがあてはまるようだ。フェイスブックを使っている日本の友人は、写真を投稿して、彼らの生活がいかに素晴らしく、今日の夕食がどれほどおいしいか世界に知らしめることに途方もない時間をかけている。
     (後略)


    【ITビジネス最前線】日本上陸 リンクトイン成功への条件


    ここでいう7つの大罪とは、
    「暴食」、「色欲」、「強欲」、「憤怒」、「怠惰」、「傲慢」、「嫉妬」のこと。
    Wikipedia:七つの大罪



    キリスト教を信仰しているわけではないので、
    これらに詳しいわけではないが、人間だれでも少なからずありそうな気がする、という印象。
    特に、酒におぼれる、女におぼれる、というのはドラマでも出てくるし、イメージはつきやすい。


    上記の記事では、
    フェイスブックは自己顕示欲を満たす役割、
    リンクトインは強欲を満たす役割を事業で果たしているが故に成功していると述べている。
    これはなかなかに興味深い。

    確かに、ミクシィやフェイスブックは、自己顕示欲を満たすツールだと思う。
    もちろん、このブログも。
    光星学院の高校球児が問題になったような簡易ブログが高校生の間で流行っているのも同じかな。
    自分の良いところを見せ、悪いところはあまり見せないし、自分の存在を示すことを繰り返す。
    それと、TVやyoutubeは怠惰をくすぐる事業なのかもしれない。


    そう考えると、事業創造の着眼点としての大罪はなかなか面白いのかもしれない。
    そんなことを思いました。


    ざっとですが、記録として残しときたかったので。

    今回は以上です。


    スポンサーサイト

    テーマ : 就活 就職活動 新卒 就活ポータル
    ジャンル : 就職・お仕事

    首都大学野球観戦

    こんばんは。

    今回は、10月1日に観戦してきた首都大学野球について。


    例年なら、10月1日は内定式の日なのですが、
    休日ということで、今年の内定式は10月3日が多かったようです。
    内定式がない会社もあれば、会社によって日程が違うこともあるようです。


    そんな企業の論理に立った行事を前に、
    どこか気分さっぱりしたいな、と思い、
    プロ注目の好投手・東海大学の菅野投手を観に行ってきました。
    そこで、自己満足の日記でも書いてみたいと思います。


    僕は第二試合の東海大学対帝京大学の試合から観戦しました。
    東海大の先発は予想通り菅野投手。
    帝京大は、栗山投手。

    菅野投手は、145キロ前後の直球と、スライダー、カットボール、カーブ、シュートだったように思う。
    特に、カットボールのキレは、プロを含めた自分が見た投手の中でも一番良かったように思う。

    カウントもストライク先行の投球で、
    カーブでストライクをポンポンと取るところにイメージとのギャップがありました。
    ただ、空振りを取るような決め球が意外とないんだな、と思うと同時に、
    際どいコースで見逃しでストライクを取るのが上手いんだな、と思いました。

    見た目と投球内容にギャップがあるのが意外でしたが、
    さすがの好投手でした。


    こういうタイプを攻略するには、チームでカーブを狙って打って、
    カーブを使いにくくさせることなのかな、と思いました。
    あのカーブが邪魔だし、速いスピード帯の球を狙って、カーブにもついていくのがいいのかもしれないけれど、
    たぶんそれは難しいような感じがしました。
    それなら序盤でカーブを封じるべきなのかな。
    そうしたらスピード帯が近いボールばかりだし、
    空振りを取れる決め球もないから打ちやすそうな気がしました。
    もちろん、気がする、だけですが。


    また、菅野投手がリーグの完封記録がかかっていた試合だそうで、
    点差が離れているにも関わらず、ランナー3塁で前進守備を引いていることには驚きでした。
    やっちゃいけない点なわけでもないんだし、こんなやってもいい点なんてくれてやればいいのに。
    ほぼ1強のリーグで戦う強豪校は違うな、と思いました。


    また、帝京大の小馬投手はいい左投手だな、と思いました。
    リリーフしてから試合が締まったし、
    体の開かないフォームと、大きなカーブを活かした投球は素晴らしかったです。
    こういう投手が2番手で投げてくるのが大学野球のいいところでしょうか。
    もう少し球威が上がってくると、ドラフト候補になるのかな、と何となく思いました。


    そして、第2試合の筑波大学と大東文化大学の試合も観戦しました。
    筑波大は、甲子園優勝投手の久保投手。
    大東文化大は、山本投手。


    久保投手は、昔テレビで見ていたイメージと変わらず、
    丁寧に低めをついていく好投手でした。
    驚くようなボールはないように思いましたが、低めに落ちるボールは効果的な気がしました。
    ランナーを背負ってからの投球テンポは、参考になりました。
    さすが甲子園優勝投手です。



    たまに野球を見るのはいい気分転換になるし、
    自分の勉強にもなるな、と思いました。
    でもやっぱり見るよりも、野球は自分でやる方がいいかな。




    今回は以上です。






    テーマ : ★大学生活★
    ジャンル : 学校・教育

    リスクを取るということ-夏の甲子園を観戦して-

    こんばんは。

    お盆休みも終わり、大学院生も研究生活に復帰し始めたばかりですが、
    夏の風物詩・甲子園を観戦したくて、昨日、今日と甲子園球場に足を運んでみました。


    準決勝、決勝と計3試合を観戦しましたが、
    特に目についたのが日大三高打線への配球。

    関西、光星学院の両校とも、外角勝負だったように思う。
    今日の光星学院は、左打者の外角に、ボールからストライクに入ってくる変化球を
    序盤に使っていて、これは結構有効だったように思う。
    ただ、高山選手にホームランにされて以降、あまり使ってこなかった。


    自分が高校、大学でやってみて思うのは、
    格上相手だからこそ、内角を厳しくついていかなくてはいけないと思う。
    特に、強豪校の打者は、外角の直球、それから外に逃げる変化球に対応できるので、
    そういう打者にはリスクを取らないと勝てない気がする。

    もちろん、甘く入れば長打にされる確率も高いけれど、
    内角を強く意識させなければ、抑えられないと思う。
    今回の観戦でも、やっぱりそう思った。



    でも、内角を攻める(られる)って、
    高校野球ではほとんどないと思う。
    やっぱり練習でも外角にきっちり直球、変化球を投げられるようにまず練習するし、
    そこから低めに投げられるようにも練習する。
    そして、それで高校生活って終わってしまうと思う。少なくとも自分は。

    練習でやってきたことが試合に成果として出るし、
    練習でやらなかったことを試合でいきなりやって成功したことってゼロではないけど、少ない。
    感覚ベースで。

    そう思うと、時間がないけれど、
    その中でいろいろな想定をして、取り組むことって大切だな、って今になって思う。


    それから、相手の嫌がることをやる、っていうのと、
    自分たちのやりたいことをやる、っていうの、
    どっちが良いとか悪いとか絶対的な価値観はないけど、
    状況によって変えていくことってやっぱり重要だな、と自分は感じました。
    そして、巡ってきたチャンスの時にリスクを取れるように
    普段から考えて行動していこうと思いました。



    今回は以上です。


    テーマ : 高校野球
    ジャンル : スポーツ

    日本破綻論の記事に思うこと

    こんばんは。
    昨日に続いての更新になります。

    気になる記事を見つけたので、簡単に記録として残しておきたい。

    Yahooニュース:1億ドル超の資金で日本国債空売り目論むカイル・バス氏とは


    「日本破綻」を声高らかに吹聴している男がいる。米国のファンドマネージャー、カイル・バス氏(41歳)。彼は2008年のリーマン・ショックを招いた住宅バブルの時、空売りによって初期投資の7倍を稼ぎ出した実績を持つ。
    そのバス氏がすでに1億100万ドルを投資家から集め、日本国債の空売りに動き出そうとしている。(後略)


    まぁ日本破綻論を声高に言っている人はメディアでたまに見かけたりします。
    でも、自分の資産を投じてまで、日本破綻に賭けている人がいるとは思っていなかったので新鮮でした。

    しかもその論理がなかなか面白いなと。

    日本破綻論に対する反論としては、
    日本国債の9割以上が日本人が保有していて、海外依存度が低いこと等々があるわけですが、
    このニュースの人は、それを踏まえながらも、
    バス氏は今後数年間で貯蓄率はマイナスに落ち込み、構造的な財政赤字拡大と国民の預金減が「自前の資金調達」を不可能にして、今後2~3年以内に破綻すると予測する。
    と言っているわけです。


    本当の投資家、というか投機家ってこういう人なんだろうな、
    と思って感心してしまいました。

    この記事を見て、取り付け騒ぎのことを何となく思い出してしまいました。。
    Wikipedia:取り付け騒ぎ


    数年後、どうなっていることやら。

    ちなみに僕は彼の予想通りにいかない、と思いますが。


    今回は以上です。

    テーマ : ★大学生活★
    ジャンル : 学校・教育

    斎藤祐樹の初登板から感じた投手の役割

    こんばんは。

    こんな時間ですが、
    斎藤祐樹投手の初登板に関して、簡単に感想を書いてみたいと思います。


    テレビのスポーツニュースの映像を見た感じではありますが、
    今日も比較的ボールが低めに集まっていたようです。

    私は、彼が早稲田大学時代、その投球を観戦したことがあります。
    しかも、2回も。1つは慶応戦、もう1つは東大戦。

    生で観た感じでは、
    意外と球に力があるんだな、と思いました。
    また、低めを強く意識しているようで、
    ストレートがワンバウンドすることもちらほら。
    でもそれぐらい
    低めを意識しているので、内野ゴロが結構多いんですよね。


    今日もそうだったようです。
    5回、15個のアウトの内、11個が内野ゴロ。
    そして、四球がゼロ。


    これって、守備に不安のないチームなら、理想的な投球だと思います。
    ゴロを転がさせておけば大怪我しないし、
    余計な四球を出さなければ、連打を食らわない限りあまり失点のない投球ができるはず。

    初回のホームランによる失点は、
    エラーで出した俊足のランナーを気にしながらも、
    味方のエラーを取り返そうと力入れてた抑えにいこうとしていた印象。

    5回の失点の方は、しかたないと思う。
    打たせるスタイルなら、これは想定内なはず。

    こういう投球できるなら、
    結構勝てるのでは、と思ってしまいました。

    ただ、外角中心の組み立て、
    それもカットボールやツーシームが多い投球だと
    常に丁寧さが必要であり、そこがどこまで続くかなのかな、と思いました。


    感想を書きたくなったので、
    書いてみました。



    全く参考にならないと思いますが、
    見ていただいた方がいたらありがとうございます。
    完全な自己満足です。。


    今回は以上です。



    テーマ : 野球全般
    ジャンル : スポーツ

    プロフィール

    ken

    Author:ken
    はじめまして。

    高専から大学編入をしました。

    編入後、
    就職活動においていろんな企業の選考を受け、
    数社から内定が出たのでその情報も書いていきたいと思います。

    特に高専から編入後の生活はあまり高専生は知らない情報だと思うので
    記事にしていきたいと思います。

    現在は大学院に在籍しているので、
    そのことも書いていけたらと思います。

    よろしくお願いします。

    カテゴリ
    最新記事
    月別アーカイブ
    リンク
    カレンダー
    10 | 2017/11 | 12
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -
    FC2アフィリエイト
    ブログ 国内格安航空券サイトe航空券.com
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    検索フォーム
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    RSSリンクの表示
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。