スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    編入数学4

    今回は編入の数学の勉強法についてです。
    4年の後半から5年の4月ぐらいまで書きたいと思います。

    「高専の数学」と「徹底演習」が終わったら
    志望校によって勉強が変わってきます。

    東大、九大、北大など応用数学を出題する可能性のある大学を目指す人は、
    応用数学に着手しましょう。

    一方で、応用数学が出題されない大学を目指す人は、線形代数と確率を中心に勉強しましょう。

    今回は、応用数学の勉強に関して、記事にしたいと思います。
    確率などの話はまたそのうち記事にします。


    おそらくどこの高専でも応用数学を授業で扱うかと思います。
    年次でいえば4年次頃かと思います。
    私の高専では、フーリエ、ラプラスは講義で習いました。

    高専によっては、複素関数とベクトル解析まで学習するのかもしれませんが、
    おそらく私のように自分で学習する必要がある高専も多く存在するかと思います。

    そこで、どうやって勉強したか、を簡単に書きたいと思います。

    まず私は、授業で使用していた大日本図書の「応用数学」を用いて
    学習しました。

    応用数学 新訂


    「高専の数学」と「徹底演習」で線形代数や微分積分などについて理解した方ならば
    この本を使えば自分だけで学習できるかと思います。

    それほど厚い本ではなく、むしろコンパクトに簡潔に書かれていて、短時間に学べます。
    私は基本的に定理等を証明できるようにしておきました。

    ルーズリーフに上半分に定理を書き、下半分に証明を書き、
    それらのルーズリーフを持ち歩いて授業の合間などの暇な時に何度も見返していました。

    「応用数学」を1周読み進め、それからルーズリーフにまとめ、何度も証明することで
    確実に理解できます。

    また、このルーズリーフは大学院入試でも役立ちました。
    また、大学院入試でも編入試験でも私は”基本的に”「応用数学」のみを使用しました。

    応用数学の問題は非常にシンプルで難解なものは出題されません。

    その一方で微分方程式などは難解なものもたまに出題されます。
    これらの場合は、大学院入試の問題集で学習すればよいでしょうが、
    応用数学の場合は必要ないでしょう。

    自分で学習することに不安な方は高専の数学の先生に相談してみてはいかがでしょうか。
    そういう学生が何人も集まれば先生が補講を開いてくれるかもしれませんし、
    少なくともアドバイスはいただけるでしょう。

    私もTAをしながら度々ご指導を受けていたので、
    積極的にわからないところ、疑問に思ったことは質問をしましょう!!

    基本的なスタイルとしては、1冊の本をしっかり理解する!
    ということにあるので、何冊も参考書を買ってどれも終えられないなんてことにならないように
    しっかり勉強をしてください。


    スポンサーサイト

    テーマ : 高専(高等専門学校)
    ジャンル : 学校・教育

    プロフィール

    ken

    Author:ken
    はじめまして。

    高専から大学編入をしました。

    編入後、
    就職活動においていろんな企業の選考を受け、
    数社から内定が出たのでその情報も書いていきたいと思います。

    特に高専から編入後の生活はあまり高専生は知らない情報だと思うので
    記事にしていきたいと思います。

    現在は大学院に在籍しているので、
    そのことも書いていけたらと思います。

    よろしくお願いします。

    カテゴリ
    最新記事
    月別アーカイブ
    リンク
    カレンダー
    08 | 2009/09 | 10
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 - - -
    FC2アフィリエイト
    ブログ 国内格安航空券サイトe航空券.com
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    検索フォーム
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    RSSリンクの表示
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。