スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    学際的視点の大切さ

    久しぶりの更新です。

    少し簡単に今までの学生生活を整理してみようと思う。
    そして、今、何に関心があるのか、ということにつなげていきたい。



    高専での5年間、学部での2年、大学院での半年間の
    計7年半も工学分野に所属しています。

    その7年半を振り返ると、
    【専門における基礎】は高専の時に築いたと思う。
    そして、【専門との学際的分野】を主体的に学んだのが学部時代だと思う。
    というのは、編入後の、卒業条件を満たすための単位集めは
    高専の時とダブりがあるけれど、
    4年生のときに他学部に潜り込んで講義を受けてきたから。

    余談だけど、そのとき学んだ知識、特に他分野の基礎知識は
    結構自分の考え方に影響を及ぼしている気がする。



    そして、大学院では、
    基本的に【自分の専門の高度な知識】と【英語講義】を中心に学んでいる。
    大抵の学生は、修士1年の前期で卒業単位を満たす、あるいはほぼ満たしている状態だと思う。



    それらを経て、今(つまり、修士1年の後期)を迎えています。

    自分の専門分野を学部単位(あるいは学科単位)で捉えた時、
    【日本の問題に対して、自分の専門がどのように援用できるのか】
    ということを学部時代から考えている。


    そんなことを考えていると、
    日本って?、日本人って?、日本の問題って?
    ということに関心が向く。


    その関心の方向性から
    【社会科学】に少し関心があります。

    社会科学とは、人間社会のさまざまな面を探求する学術分野の総称である。
    このような分野としては、人類学、考古学、経済学、地理学、歴史、法学、言語学、政治学、国際研究、コミュニケーション、そして、ある文脈上では心理学も該当する。
    Wikipedia:社会科学


    つまり、日本の問題を捉える上で、
    人間社会の多様な側面を探求する学問である社会科学を援用することは当たり前だと思う。
    学問分野として細分化されているけれど、
    広く包括的に捉えるためには
    文系、理系とかそんな分け方するんじゃなくて、
    学際的視点が必要だと思う。


    そもそも、工学の定義は、以下のホームページによると、
    工学とは数学と自然科学を基礎とし、ときには人文社会科学の知見を用いて、
    公共の安全、健康、福祉のために有用な事物や快適な環境を構築することを目的とする学問である。

    とされているので、

    僕が辿ってきた思考の流れというのは、
    いたって普通の流れなのかな、と思う。

    8大学工学部長会議 工学教育プログラム委員会の活動ホームページ



    長々と書いてきましたが、
    以上が最近の学問的な関心です。

    こんなことを
    こんなところに書いても何の意味もないけれど、
    もし誰かが少しでも「へー」とか思ってくれれば幸いです。


    何回かに分けて最近読んで
    面白いな、と思った本について紹介できればと思います。

    就職活動の話や編入試験の話もネタがたまってきたので
    書いていきたいです。

    前者について、選考情報は当分やめようかな、と思います。
    選考情報なんて、ネットにある就活ブログ、掲示板で
    展開されているし、それらは僕よりも情報発信が早いしね。
    いつか簡単に。ニーズがあれば個別に。という感じかな。


    今回は以上になります。
    年末年始に結構更新していきたいです。
    よろしくお願いします!!







    スポンサーサイト

    テーマ : ★大学生活★
    ジャンル : 学校・教育

    プロフィール

    ken

    Author:ken
    はじめまして。

    高専から大学編入をしました。

    編入後、
    就職活動においていろんな企業の選考を受け、
    数社から内定が出たのでその情報も書いていきたいと思います。

    特に高専から編入後の生活はあまり高専生は知らない情報だと思うので
    記事にしていきたいと思います。

    現在は大学院に在籍しているので、
    そのことも書いていけたらと思います。

    よろしくお願いします。

    カテゴリ
    最新記事
    月別アーカイブ
    リンク
    カレンダー
    11 | 2010/12 | 01
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -
    FC2アフィリエイト
    ブログ 国内格安航空券サイトe航空券.com
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    検索フォーム
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    RSSリンクの表示
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。