スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    斎藤祐樹の初登板から感じた投手の役割

    こんばんは。

    こんな時間ですが、
    斎藤祐樹投手の初登板に関して、簡単に感想を書いてみたいと思います。


    テレビのスポーツニュースの映像を見た感じではありますが、
    今日も比較的ボールが低めに集まっていたようです。

    私は、彼が早稲田大学時代、その投球を観戦したことがあります。
    しかも、2回も。1つは慶応戦、もう1つは東大戦。

    生で観た感じでは、
    意外と球に力があるんだな、と思いました。
    また、低めを強く意識しているようで、
    ストレートがワンバウンドすることもちらほら。
    でもそれぐらい
    低めを意識しているので、内野ゴロが結構多いんですよね。


    今日もそうだったようです。
    5回、15個のアウトの内、11個が内野ゴロ。
    そして、四球がゼロ。


    これって、守備に不安のないチームなら、理想的な投球だと思います。
    ゴロを転がさせておけば大怪我しないし、
    余計な四球を出さなければ、連打を食らわない限りあまり失点のない投球ができるはず。

    初回のホームランによる失点は、
    エラーで出した俊足のランナーを気にしながらも、
    味方のエラーを取り返そうと力入れてた抑えにいこうとしていた印象。

    5回の失点の方は、しかたないと思う。
    打たせるスタイルなら、これは想定内なはず。

    こういう投球できるなら、
    結構勝てるのでは、と思ってしまいました。

    ただ、外角中心の組み立て、
    それもカットボールやツーシームが多い投球だと
    常に丁寧さが必要であり、そこがどこまで続くかなのかな、と思いました。


    感想を書きたくなったので、
    書いてみました。



    全く参考にならないと思いますが、
    見ていただいた方がいたらありがとうございます。
    完全な自己満足です。。


    今回は以上です。



    スポンサーサイト

    テーマ : 野球全般
    ジャンル : スポーツ

    プロフィール

    ken

    Author:ken
    はじめまして。

    高専から大学編入をしました。

    編入後、
    就職活動においていろんな企業の選考を受け、
    数社から内定が出たのでその情報も書いていきたいと思います。

    特に高専から編入後の生活はあまり高専生は知らない情報だと思うので
    記事にしていきたいと思います。

    現在は大学院に在籍しているので、
    そのことも書いていけたらと思います。

    よろしくお願いします。

    カテゴリ
    最新記事
    月別アーカイブ
    リンク
    カレンダー
    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    FC2アフィリエイト
    ブログ 国内格安航空券サイトe航空券.com
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    検索フォーム
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    RSSリンクの表示
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。