スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    卒業を迎え、考えること

    大学に編入してからの日々は早かったように思う。
    いざ大学を卒業するときになり、考えたことは多くある。
    仲間を作ること。それがどんなに大切なことか今わかった気がする。


    今回は編入してからの生活を振り返りながら
    そんなことを少し書いてみようと思う。



    2年前の4月、大学の入学式に出席。
    いよいよ新しい環境での生活が始まるとき。
    このときは一般で入った学生と打ち解けられるか、講義についていけるか、不安だった。
    今の友人たちも優秀そうに見えて仕方なかった。


    でも、そんな不安は1週間もすればなくなった。
    本当に多くの人と仲良くなれたし、講義は高専よりも面白く感じた。
    ただ、やらないやつはどこでもいるもんだな、と強く感じた。
    この辺は高専となんら変わらない。
    でも、優秀な奴は高専の時よりも断然多い。


    部活は、入学前からどの部に入るか決めていた。
    でも、1ヶ月ぐらいテニスサークル、文化系サークルなどに顔を出してみた。
    特にテニスサークルは衝撃だった。
    確かに一見チャラチャラしてるように見えるけど、中身はいいやつばかりだ。

    そこで仲良くなった友人とは今でも仲良しだ。
    編入学を控える学生は、いろいろ見てみるといいと思う。



    部活の仲間にはいろいろ教えられた。
    まず考えてプレーするかどうかで、こんなに結果が変わるんだって思った。
    計画8割、実行2割とは恩師の言葉だが、
    実際スポーツでもそうだと思う。
    計画と言うよりもスポーツの場合、準備だが。


    相手がどのコースにどんなボールを投げ込んでくるか。
    それが正確に予測できていれば、面白いように結果はついてくる。


    大学スポーツは、相手も考えたことをほぼ確実に実行できるレベルだし、
    だからこそ相手の考えを読めれば、自分のやるべきことが見えてくる。
    高専の時はただ打ちごろのストレートを待っていればいいだけだった。
    考えてプレーしたのが大学だった気がする。
    みんなで目標を達成できたことは一生に残る思い出だと思う。
    とりあえず大学の歴史に残る結果でよかった。



    あっという間に夏休みになり、部活をやりながらもインターンに行った。
    どこに行こうか迷った。
    志望業界の有名どころに行こうかな、とか思っていたけど
    それじゃあ就職活動の時まで一本やりすぎるなと思った。
    結局、志望業界を取り巻くところに行って、志望業界を周りから見てみた。
    なんで、こっちじゃなくて、あっちなのか、を考えていた。
    高専の時のインターン経験も踏まえたら、自分の中で明確な答えが見えた。
    実り多いインターン経験だった。


    最初の1年間、大学での勉強も頑張った。
    全部高評価だったし、その結果を、当時は、満足していた。
    でも、高専でいえばオールAでよしとしていたけど、
    大学生にもなってそんなんじゃ物足りなく感じていた。
    今思えば、学内だけじゃなくて、学外に出るべきだった。
    学んだだけで満足してるなんて、ダメ学生だと自分で思う。
    インプットしたら、アウトプットしてみようと思えよ、って自分に思う。



    1年前の3月、4月。
    就職活動のピーク。
    行きたいところは早くから絞れていた。
    ES、筆記試験、面接も順調だった。
    でも、最終面接で本当に考えさせられた。
    ある面接官の言葉がどうしてもひっかかった。
    連絡来た。でも、辞退した。

    いろんな社会人の方が僕の身勝手な決断を後押ししてくれた。
    それには感謝しなければならない。



    1年前の4月から研究がはじまった。
    問題意識はしっかり持っているけど、
    今の研究はその問題を解決する選択肢の1つでしかない。
    実際にはさまざまな条件により、使い分けるべき。
    方策の1つを突き詰めることも大切だけど、
    もっと広い視点で考えなくてはいけないと思う。

    その辺は大学院で考えるべきところ。

    そういう根本的な思想の部分以外で今の研究室では時間を費やしたように思う。
    研究よりも複雑な人間関係の中で、行事を進めていくことの方に頭を使うことになった。
    正直、環境が全て。この環境ではダメだと思う。
    けれど、同期はなんだかんだで信頼できる仲間。


    あっという間の2年間。
    高専の時に学んだことを土台として、
    そこに少し上積みできた大学時代。

    ほぼ全て予定通りに進んでるけど、1つだけ悔いもある。
    自分のちょっとしたミスから人生で1回きりのことを逃したと思う。
    油断したことが全てだったし、出し惜しみをするべきじゃないなって思った。
    ある人を除いて、誰も何のことかわからないと思いますが。


    それを踏まえて、大学院では行動していこうと思う。






    最後まで読んでくれてありがとうございます。
    あえてぼかしてるのでわからないが多すぎると思いますが、
    何か役に立ったら幸いです。






    スポンサーサイト

    テーマ : ★大学生活★
    ジャンル : 学校・教育

    プロフィール

    ken

    Author:ken
    はじめまして。

    高専から大学編入をしました。

    編入後、
    就職活動においていろんな企業の選考を受け、
    数社から内定が出たのでその情報も書いていきたいと思います。

    特に高専から編入後の生活はあまり高専生は知らない情報だと思うので
    記事にしていきたいと思います。

    現在は大学院に在籍しているので、
    そのことも書いていけたらと思います。

    よろしくお願いします。

    カテゴリ
    最新記事
    月別アーカイブ
    リンク
    カレンダー
    08 | 2017/09 | 10
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    FC2アフィリエイト
    ブログ 国内格安航空券サイトe航空券.com
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    検索フォーム
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    RSSリンクの表示
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。