スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    国家一種の勉強のススメ

    前回の記事(技術士一次試験)で少し書きましたが、
    今回は、国家公務員1種試験について書きたいと思います。


    まず、国家公務員とは、そして各省庁の仕事内容については
    下記のリンクが非常に参考になると思います。


    人事院ホームページ:国家公務員って何?
    人事院ホームページ:各省庁の仕事内容




    つぎに、試験の概要等についてまとめていきます。


    ①対象者
     ・受験年の4月1日で21歳以上33歳未満の者 
      重要な点は、大学卒業(予定)が必須ではないということ!!
      基本的には、年齢のみ。
     
     ・21歳未満の者で大学卒業見込みの者など
      21歳未満の人に対しては、学歴が要件であるということ!!
      


    ②試験科目
     ・1次試験(多岐選択式)
       教養試験、専門試験

     ・2次試験(記述式)
       専門試験、総合試験、人物試験

      ここまで合格すると、最終合格者として、
      採用候補者名簿に載る!!!


     ・官庁訪問
       ここが受からないと、内定にはならない!、ということも注意が必要です。
       要は、学力試験だけじゃなくて
       面接も受からないといけない、ということ。
       (でも、試験の点数はある程度反映されているらしい。
        最近は、人物重視、らしい)by今年一種で就職した先輩談



     ※人物試験関連は以下のサイトにいろいろ載っています。
       こぐまねこ帝国:国家公務員採用試験1種


     ・採用の流れ
       採用の流れは、下記のリンクを見てください。
       人事院のホームページが一番正確です。

       人事院ホームページ:採用までの流れ



    ③インターン情報
     民間企業だけでなく、
     各省庁も下記インターンを実施しています。
     
     今年度のインターンはもう締め切られたはずですが、
     来年、学部3年生、修士1年になる学生さんは
     頭の片隅に置いておくといいかと思います。

     民間企業よりも締め切りが早いので注意が必要です!

     大学院生なら教授(あるいは秘書さん)から
     各省庁のインターン募集開始の情報が
     メールで転送されてくるのである程度大丈夫かと思いますが。

     大学院によってはそういうことがない、
     というところも考えられるので
     環境に文句を言わず、自分で管理しましょう。

     人事院ホームページ:中央省庁インターン情報


    ④給料について
     人事院のホームページによれば、
     45歳本庁課長(配偶者、子供2人)で1220万円らしい。
     
     大企業でいえば、これよりも高給のところもあるし、
     低い給料のところもあるかと思います。

     そもそも一例でしかないと思いますが。

      
     人事院ホームページ:国家公務員プロフィール・給料



    ⑤合格者の出身大学
     資格ガイド:国家公務員1種によれば、
     大学別の合格者は以下の通り。
     
     これは、合格者なだけで、内定者ではないので注意が必要。
     
     圧倒的に東京大学が多いですよね。
     京都大学と早稲田大学を比べても2倍近いという。。
     旧帝国大学と早稲田、慶應、東京工業大、一橋、という感じか。
     
     母数がわからないから何とも言えないけど、
     各大学で合格率はどれぐらい違うんだろう。 


     1.東京大学   421人
     2.京都大学   189人
     3.早稲田大学   96人
     4.東北大学    65人
     5.慶応大学    60人
     6.九州大学    58人
     7.東京工業大学  45人
     8.北海道大学   42人
     9.一橋大学    41人
     9.大阪大学    41人





    今日は、こんな話をしたいわけじゃない。


    本題に移りたいと思う。



    要するに、国家一種は
    国家公務員における幹部候補採用、ということ。

    幹部候補を選別するためには
    当然、二種や三種よりも問題は難しくなる。

    そして、それに合格する人材、
    官僚の眼鏡にかなう人材は多くないのだと思う。

    だからこそ?、(かどうかはわからないけど)
    国家一種の候補者名簿の有効期間は3年間!!
    (通常の二種や三種は有効期間1年間、国税専門官・労働基準監督官は有効期間2年間)



    鏡にかなった人材には
    ある程度チャンスを与えたい、と思ってるんじゃないかな。



    まぁ背景はどうでもいいんだけど、
    有効期間が3年間、ということは、
    学部4年の時や修士課程1年の時に合格しておいて
    修士2年の時に官庁訪問する、ということが可能ということ。


    もし、民間就職と官庁への就職の両方考えている学生なら。

    就職活動をガチでやろうと思うと、結構勉強時間が取れないから
    企業からの内定が取れず、公務員試験も上手くいかない、ということが起こり得る。
    そういう先輩を何人か知ってるし。
    どっちつかず、というのが一番まずい。

    どっちとも考えているなら
    就職活動しながら勉強するんじゃなくて
    就職活動する前に勉強しておいた方がいいと思う。

    というか、学部生の時に勉強しておいて損はないんじゃないかな。
    国家一種試験の時期は5月だし、
    大学院入試の練習だと思えば、全然役立つでしょ。

    デメリットは、落ちた時にプライドが傷つくということ。
    有名大学の学生だからこそ、
    そういう学力試験で落ちることに対して、
    結構心配していて、躊躇している人が多い。(私の周りでは)

    別に落ちたとしても全然痛くもかゆくもないし、
    これもいい経験だったで、いいんじゃないかな。
    って周りには言っていました。
    そういうのに落ちることが恥ずかしいとか思うことが
    どうなんだろう。。


    メリットは、修士2年の時に官庁訪問からスタートできること。
    民間で内定取れなかったとき、一応チャンスあるっていうことも含めて。
    何かと有名どころに行きたい人が多い。周りには。。あと安定志向

    早めに受かっとくと
    修士2年のはじめから研究に打ち込めるしね。
    その合間に公務員になることの意義を考えればいいわけだし。
    先生ともよく話をしておくことも超重要だと思う。




    いろいろ書いてきたけど、
    大学院に進学することを考えている学部生や高専生には
    国家一種試験の勉強をすることを勧めておきたい。


    研究室に配属されるのが4月。
    (外部から入学する人は)大学院に入学するのも4月。
    (内部生には、学部4年の時に、修士1年になったら受けとくといい、と勧めます。伝統的に。まぁある程度の人数が行く大学じゃないとそういうのないのかもしれないけど・・)


    知らないと国家一種試験まで残り1カ月しかないことになる。
    それだとなかなか合格は難しい。
    受かったとしても順位は低いはず。


    だから、
    編入生、高専生、学部生等々に向けて
    記事にしてみました。



    参考になれば幸いです。









    スポンサーサイト

    テーマ : 高専(高等専門学校)
    ジャンル : 学校・教育

    プロフィール

    ken

    Author:ken
    はじめまして。

    高専から大学編入をしました。

    編入後、
    就職活動においていろんな企業の選考を受け、
    数社から内定が出たのでその情報も書いていきたいと思います。

    特に高専から編入後の生活はあまり高専生は知らない情報だと思うので
    記事にしていきたいと思います。

    現在は大学院に在籍しているので、
    そのことも書いていけたらと思います。

    よろしくお願いします。

    カテゴリ
    最新記事
    月別アーカイブ
    リンク
    カレンダー
    04 | 2017/05 | 06
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -
    FC2アフィリエイト
    ブログ 国内格安航空券サイトe航空券.com
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    検索フォーム
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    RSSリンクの表示
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。