スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    興南の春夏連覇にみる準備の大切さ

    興南高校が春夏連覇しましたね!!
    私も甲子園まで応援に行ってきました!

    横浜高校の渡辺監督が言うように
    総合力が高いチームだな、と感じました。
    デイリースポーツオンライン:横浜・渡辺監督絶賛「総合力は一番」


    春の選抜でも感じたんだけど、
    島袋投手が好投手というだけじゃなくて、
    山川捕手も好捕手だということ。


    一回戦からずっと初回から3イニングぐらいはストレート主体の配球で、
    狙われてタイミングが合ってきたと感じたら変化球中心に変えていく。
    そして、後半はミックスさせながら狙い球を絞らせずに
    勝負所は島袋投手の長所を活かす外角ストレートを決め球に。
    そんな配球が続いてたように思う。


    で、準決勝までは前半のストレート中心の部分で捕まって失点する場面が多かった。
    それは変化球でカウントを稼げなかったからでもあったけど。


    決勝では初回からとにかく変化球中心の配球。
    カウントが多少悪くなっても変化球、変化球。
    三振奪取は捨てて、チームの勝ちを優先という感じがしました。



    島袋という名馬を、きちんと勝利まで導く騎手、そんな感じがしましたね。



    それは置いておいて、
    史上6校目の春夏連覇。

    あれよあれよでたどり着いた頂点じゃなかったような気がしています。
    去年の春夏。
    興南高校は1回戦で負けています。
    個々の能力はあったと思うけど、全体としての完成度は低かったような感じ。


    しかし、今年は完成度が高かったと思う。
    甲子園で勝ちに来たチームだな、と思いました。


    それは、以下の記事の我喜屋監督のコメントにもあるように、
    甲子園の優勝を目標にして、
    そのために何をすればいいかを考え、
    小さな目標を設定し、そして積み上げてきた。


    ナンバーweb:「興南の強さは普通じゃないですよ!」 選抜優勝からさらに成長できた秘密。



    甲子園に出場する以上、どのチームにも優勝の可能性はあります。

    しかし、
    【甲子園出場を目標にしたチーム】と【甲子園優勝を目標にしたチーム】
    では頂点にたどり着く確率が全然違うはず。


    これは、部活、編入、TOEIC、就活など、どんなことにも言える気がします。

    どこを目標に設定し、
    実現のためのプロセスを考える。
    そして、小さな目標を積み上げていく。



    そんな当たり前のことが重要なんだな、って思いました!!


    参考になれば。








    スポンサーサイト

    テーマ : 高校野球
    ジャンル : スポーツ

    プロフィール

    ken

    Author:ken
    はじめまして。

    高専から大学編入をしました。

    編入後、
    就職活動においていろんな企業の選考を受け、
    数社から内定が出たのでその情報も書いていきたいと思います。

    特に高専から編入後の生活はあまり高専生は知らない情報だと思うので
    記事にしていきたいと思います。

    現在は大学院に在籍しているので、
    そのことも書いていけたらと思います。

    よろしくお願いします。

    カテゴリ
    最新記事
    月別アーカイブ
    リンク
    カレンダー
    04 | 2017/05 | 06
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -
    FC2アフィリエイト
    ブログ 国内格安航空券サイトe航空券.com
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    検索フォーム
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    RSSリンクの表示
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。